【新入荷LP】 Steel An' Skin / same , From Scratch / Five Rhythm Works

EM RECORDSよりリリースの、
全リズムジャンキー必携From Scrach,スティール・パン・ディスコ名作Steel An' Skinレコード2種入荷しました!

from.jpg
From Scratch / Five Rhythm Works  【LP】 ¥2300+税

爆裂ミニマル・ポリリズム!!!!!!! スティーヴ・ライヒ、テリー・ライリー、先鋭テクノ・リスナーも必聴の打楽器アンサンブル、フロム・スクラッチの世界初ベスト選。

フロム・スクラッチはコーネリアス・カーデューのスクラッチ・オーケストラから発展し、1970年代半ば、フィル・ダドソンによりニュージーランドで組織されたグループで、兵器のようなイカつい外見の自作打楽器で実験音楽リスナーに知られる。
鈴木昭男をはじめ日本の音楽家と交流があり、3度の来日公演も経験。彼らはスコアをもとに極めてシステマチックに演奏し、
3~4組の打楽器で、4,5,6,7,8,9,10,11拍子(!)のミニマルな複合リズムを叩き出すが、スティーヴ・ライヒ、テリー・ライリーとは似て非なるアプローチで、ウェスタンとアフリカンが混在するようなライブ感のあるポリリズムを探求。
しかし出てくる音は高尚さなど漂わせないプリミティブなもので、妙に俗物的なチューブ打楽器の音色、
ヒューマン演奏のズレ感覚が混ざって強烈な存在感を放つ。現音リスナーに独占されるのはもったいない、
テクノ/ニューウェーブ/ダンスミュージックにもシェアされるべき作品。
本セレクションでは荒々しい初期の「Out In」と「Drumwheel」から1パートずつ、
完成形と評される『Gung Ho 1,2,3D』から2パートを収録。もうひとつの目玉は今回発掘した未発表初録音「Passage」(1975年)で、スカスカの演奏が逆に新鮮な侘び寂び感を生み、ポリネシア産の室内楽とでもいえそうな世界を聞かせる。
リマスターには全てオリジナル・マスターを使用し、格段に向上した音質に注目。
解説はフロム・スクラッチのリサーチャー、アンドリュー・クリフォード。
(EM RECORDS)
TRACKS:
A1. Out In Part 1 (1976) 12:15
A2. Drumwheel Part 2 (1977) 13:40
B1. 5,6,7 and 6,7,8 from Gung Ho 1,2,3D (1982) 10:26
B2. Passage (1974) -previously unissued- 12:37

--------------------------------------------------------------------------------------
steel.jpg
Steel An' Skin / same 【LP】 ¥2300+税

エム・レコードのベストセラー、UKアフリカン/カリビアン混成バンド、
スティール・アン・スキンが残したアングラ偉業(異形)トラックのうちディスコ/エレクトロな方面をまとめたLPです。
CD版と異なる内容で、更に装丁を変えた新仕様。

(もはや説明不要と思いますが、いちおう内容紹介)
エム・レコード「スティール・パン・シリーズ」第三弾。
スティール・アン・スキンは、40年代から英/欧で活躍したアフリカン・ハイライフのスター、
ジンジャー・ジョンソンのバンド The Afrikan Drummersの一員だったピーター・ブラックマン(トリニダード出身)によって、
1970年代初頭のロンドンで結成されたカリビアン系グループ。
グランドマスター・フラッシュのネタで有名な20th Century Steel Bandのメンバーを含め、
トリニダード、ガーナ、ジャマイカ等の出身者で構成されていた。彼らは社会活動プロジェクトの性質が強く、
西インド諸島の音楽を紹介するワークショップとして機能し、70 年代後半から90 年代初頭まで活動。
長年の社会貢献をねぎらい、リーダーだった故ピーター・ブラックマンに大英帝国勲章(MBE)が授与された。
グループ名は彼らの使う楽器(スチール・パンや木製の打楽器など)に由来する。
2008 年のCD 化で人気爆発となった「Afro Punk Reggae (DUB)」は、シングル「Reggae is Here Once Again」(1979)のダブ・ヴァージョンで、ソカに四つ打ちディスコ・ビートを導入し大胆なダブ処理を加えたスティールパン・ディスコ・チューン。
エムがHonest Jon'sにサブライセンスした12インチも発表された。
本LP 版のみの収録曲には、80s スティール・ブギー「Lady」と、そのDUBヴァージョン「Lady (Instrumental)」、
また「Burning World」は彼ら本来の姿である開放的でソウルフルなスティールバンドのヴォーカル・チューンだ。

*注:ジンジャー・ジョンソンの「Iroko Country Club」は、Average White Band, Osibisa, Fela Kuti, Peter Sellers, Martin Feldman, Ebenezer Obeyなどが出演したイギリスで当時最もホットなアフリカ系クラブで、ロンドンの黒人層に混じって、多くの有名人、芸能人、ロック・ミュージシャンが出入りした伝説的スポット。
(EM RECORDS)

*英語・日本語解説
*ピーター・ブラックマンによる特別寄稿
*96khz/24bitデジタル・リマスター
TRACKS:
SIDE-A
1. Reggae Is Here Once Again
2. Fire in Soweto
3. Hi Life
4. Afro Punk Reggae (Dub)
SIDE-B
1. Acid Rain
2. Lady (Vocal)*
3. Lady (Instrumental *
4. Burning World*
* LP only tracks

3/4(土)ドラゴンへの道※DJ出演します。

今週末3月4日(土)に行われるライブイベントにDJとして出演します。
GGIれこーど&正午の庭コンピにも収録のバンド「ドラゴンファイターズ」による企画の3部作最終章です。
物販コーナーにてコンピカセットも特別価格にて販売します。さらに特典として「ドラゴンたかみつ握手券」、「ドラゴンたかみつツーショット写メ券」、「ドラゴンたかみつパシリ券」のいずれかが封入されております。カセットのお取り置きも対応致しますのでご一報くださいませ。よろしくお願い致します。
ドラファイ



【第二十ニ回】 正午の庭ラジオ MODERN MUSIC / PSF mix

【第二十ニ回】 正午の庭ラジオ MODERN MUSIC / PSF mix
https://soundcloud.com/shogononiwa/modern-music-psf-mix
生悦住さん、お世話になりました。ありがとうございました。

【新入荷カセット】 床ティッシュ文化 / 夏の一大事

先日ドロップしたGGIれこーど&正午の庭コンピカセットにも収録の、長野県松本市を中心に活動する期待の4人組湖ロックバンド「床ティッシュ文化」による1stカセット入荷しました!

IMG_20170302_150227.jpg
床ティッシュ文化 / 夏の一大事 【カセット】 ¥500

ヴェルヴェッツやママギタァをおもわせる腰砕け天真爛漫サウンドと、少年少女のピュアネスが同居したヴォーカルがスッと突き刺さる全3曲入りカセット。

ローファイな宅録感もカセットにマッチして良い音してます!!


【新入荷CDR】 芝居小屋 / いぬ小屋EP

"芝居小屋"による新作「いぬ小屋EP」が到着しました!!
ドリーミーかつ時にユニークな楽曲に、カン、グレイトフルデッド、たまなどに感化された、たゆたうバックの演奏がまどろみに誘う一枚。
全6曲入り。10分超えのアーバン・サイケナンバー"sunshine"など全編通して聴くごとにハマるスルメ盤です。
ガルシアをおもわせるクリスタル・ギター、抑制の効いたドラム、立体的なベースプレイが素晴らしいとおもいます。

いぬ小屋EPジャケ20161222
芝居小屋 / いぬ小屋EP  【CD-R】 ¥500

収録曲
01. railway
02. toramoku
03. mythtakes
04. ハネムーン
05. sunshine
06. ふしぎなアメ(Live Version)


「いぬ小屋EP」の収録曲「ハネムーン」のミュージックビデオ

サウンドクラウドで試聴する
https://soundcloud.com/shibaigoya/railway

≪PREV | | NEXT≫

プロフィール

正午の庭

Author:正午の庭
秘密の小部屋「正午の庭」
〒393-0061長野県下諏訪町御田町3158カフェタック2F

不思議な音楽と雑多な本とおもしろグッズを中心に取り扱う
長野県の秘宝館的存在(を目指しています)。
各種自主制作物も委託販売しております。

≪正午の庭ネットショップ≫は
右リンクよりサイトにジャンプできます。
正午の庭ツイッター
twitter:@shogono_niwa
mixi、Facebookもやってます。
お問い合わせメールは
shogononiwa★gmail.com 
24時間以内に返信の無い場合
midsummer_stroll@yahoo.co.jp
まで(★は@に変えて送信して下さいませ)

【営業日】
※不定休

OPEN / 14:00
CLOSE / 18:00


13:00~14:00 
18:00~20:00
の時間帯はご希望ありましたら営業いたします。
メール、ツイッター等で事前にお気軽にメッセージ
ください。

※急なお休みをいただいたり、営業時間の変更等がよくあります。確実にご来店したいお客様はご連絡いただけるとありがたいです!よろしくお願い致します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR