【新入荷】円盤よりいろいろ届きました

あけましておめでとうございます!!
今年も何卒よろしくお願いいたします。
2015年のはじめを飾る新入荷は、奇想天外レーベル円盤よりリリースの目まぐるしい品々の数々、、
どうぞ最後までご覧くださいませ~

その1.
三ツ沢通信 鼬1号 ¥800+税
正に福袋!!お年賀DVDもついてます。大橋裕之おみくじで今年の運勢がわかります。おみやげに、プレゼントにも!
収録:
○枕元レコード 円盤田口氏が地方で買い漁った珍盤奇盤のCDR/冊子
○円盤営業中 円盤で売れた2014年間チャートCDR/紙
○お年賀DVD
○今月の小椋佳
○大橋裕之おみくじ
○湯浅学名盤句
○マンスリー植野(テニスコーツ)
○ハロー通信
○缶バッジ
盛りだくさんです!!

その2.
カレー野獣館 / 虹釜太郎 【本】全4種(赤・黄・緑・黒)各¥800+税
カレー
「カレー野獣館・赤」「カレー野獣館・黄」「カレー野獣館・緑」「カレー野獣館・黒」の4冊同時発売です。
内容はすべて違います。
その才を知る者たちからは絶大な支持、を越えた敬意を持って語られる異才中の異才、虹釜太郎初の書籍がついに刊行!
90年代初頭に、今や伝説となっている世界の謎音楽専門店パリペキン・レコードをタワーレコード渋谷店の隣のビルで開業。仕切り棚の意味すら判らない独自のジャンル構成で衝撃を与え、今や世界で使われている「音響派」という語が、実はパリペキンの仕切りが発祥というのは有名な話。その後、不知火、360°などのこれまた伝説となっている謎音響レーベルを運営し、ここからAMEPHONEやtsukinowaなどが登場。東京の音響派の一時代を築きました。

その文章、パリペキンでのレコード紹介文や自身のレーベルでの作品紹介文が、すでに文学の域にある奇才ぶりを示し、数々の出版社から個人まで、虹釜太郎の書籍を出すことに挑戦。しかし、どういうわけか実現することがないのは本作を読んでいただければ納得してもらえるのでは。その難解というか、イメージがとんでもなく飛躍したどこかの国の伝説を記述したかのような文章は、詩のようでもあり、幻想文学のようでもあります。

本作は、その虹釜太郎が、この十年ほど取り組んでいる、食に関する様々な試みと思索がエキスとなったスパイスを起点にした幻想的な作品です。この文章は、コピーの冊子で、とんでもない数の食を中心にした作品でも一部で発表されており、中でも話題を呼んだ「カレー野獣館」のほぼ十倍のスケールになった大増補版です。
赤、黄、緑、黒、の文庫サイズの四冊が同時発売!後の世に奇書として残ることは必至の書です!心して読むべし!

その3.
biobiopatata 【LP+トートバッグ】 ¥3200+税
biobio.jpg
2012年に行われた円盤のタンゴ企画で結成された管鍵弦6人組。室内楽と躍動的なブラスバンドが絶妙に折衷したナンバーがノスタルジックなのに新鮮な、新時代のインストゥルメンタル・ポップスを聴かせます。グループを率いる遠藤里美(サックス、アコーディオン)は片想いはじめ数々のグループに参加、シンガーのバッキングも含めて、ミュージシャンのあいだでは絶大な信頼のあるプレイヤーで、アレンジャーとしても定評ありながら、これまで自身が表に出ることなく、本作が彼女にとっても初のリーダー・グループであり、初の正式音源です。

基本構成はサックス、フルート、オーボエ、チューバ、アコーディオン、チェロ。その他のメンバーもやはり、数々のシンガーのバッキングや、バンドの中でプレイヤーとして評判の高い、いわば名裏方が勢揃いしたバンド。

作品の方は、彼らの演奏を宇波拓がまるで、架空の映画のサウンドトラック盤であるかのように再構成し、さらに別次元に飛ばしています。ジャケットは厚手のトート・バッグで、もちろんバッグとして使えます。ポスター大の曲目表、楽曲譜面付きオリジナル楽譜罫ノートが入っている大サービス盤。アナログならではのお楽しみ仕掛けもあり。

その4.
酒井己詳 / 湿気と腹痛 【CD】 ¥1500+税
酒井
2010年頃から円盤で歌い続けている男性シンガーの初CD。
基本的にはギター弾き語りのスタイルながら、気づいてみれば鮮やかなメロディとアレンジ、どこか奇妙だけれども街の日常の風景のようでもある、まるではっぴいえんどの「風街ろまん」の世界を生きた別の誰かのような不思議な魅力を持った人です。そのクセになる歌世界が多くの隠れファンを生んでいます。2014年10月のトクマルシューゴ主催のトノフォンフェスティバルにも出演。さざなみのように話題を広げています。

その5.
国際オバケ連合 【CD】 ¥1500+税
オバケ
90年代にはラブクライ、'00年代にはLETTER、ゆふいんの森、'10年代に入ってテニスコーツの植野隆司との真夜中ミュージックや岡林ロックンロールセンターなどで活躍する、生粋のロック・ミュージシャン、三沢洋紀が、現在の地元横浜のミュージシャンを集めて結成した新バンド、国際オバケ連合の初CD。
これまでの作品を知る人からは意外なファンク・インスト・バンド。不思議な間とグルーヴを持ったファンキー・グルーヴがなぜか新鮮な響き。これぞ横浜のミーターズ!と言いたいクセのあるローカル・フードの如きファンクで、今、地元横浜では熱狂的に場を踊らせています!隠し球的必殺ローカル・レア・グルーヴの登場!

その6.
●子は、今 / marcoのタンゴ 【カセット】 ¥700+税
14207781739580.jpg
円盤と入谷なってるハウスとの共同企画「タンゴってなんだ?!」のvol.3で評判になった、京都のアコーディオン弾き語り丸尾丸子さん率いるバンド、「●子は、今」のライヴ・カセット全6曲。タンゴ曲のカヴァー3曲と、丸尾さんのオリジナルなどをタンゴ・スピリッツで演奏した3曲の6曲入りです!

その7.
円盤のレコブックシリーズ:日本のポータブルレコードプレイヤー展の本 【本】 ¥700+税
14207786089120.jpg
'60-'70年代の音楽文化の日常的な風景だったポータブル・レコード・プレイヤーを108台展示したイベントで制作した日本のPRP博覧本。愛らしいデザインや思わぬ工夫が満載の高度成長期日本のグッドデザインな記録。

その8.
円盤のレコブックシリーズ:博覧会レコードの世界 【本】 ¥800+税
14207786192871.jpg
1970年に行われた日本史上最大のイベント日本万国博覧会はじめ、海洋博に科学万博、ポートピア、さらには様々な地方博まで、日本で行われた博覧会に関するレコードを集めてみたレコードEXPO本!!

その9.
Amephone's attc VS 柳家小春「梅は咲いたか c/w 五木の子守唄」 【7"EP】 ¥800+税
attc.jpg
アメフォンの新ユニット"attc"による驚きのプロジェクト!柳家小春の江戸端唄とattcのレゲエが絶妙なフュージョンを起こし未知のダンスミュージックが生まれています。B面は日本民謡とモーラムがサイケデリックに融合した、更なる未知の音!アナログ・オンリーです!


以下は品切れになっていた作品の再入荷です。
○ウクレレ姉妹 第一集 【7"】 ¥300+税
○VA / strange single collection 【CD】 ¥1000+税
○倉地久美夫 / 庭にお願い 【CD】 ¥2300+税




スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

正午の庭

Author:正午の庭
秘密の小部屋「正午の庭」
〒393-0061長野県下諏訪町御田町3158カフェタック2F

不思議な音楽と雑多な本とおもしろグッズを中心に取り扱う
長野県の秘宝館的存在(を目指しています)。
各種自主制作物も委託販売しております。

≪正午の庭ネットショップ≫は
右リンクよりサイトにジャンプできます。
正午の庭ツイッター
twitter:@shogono_niwa
mixi、Facebookもやってます。
お問い合わせメールは
shogononiwa★gmail.com 
24時間以内に返信の無い場合
midsummer_stroll@yahoo.co.jp
まで(★は@に変えて送信して下さいませ)

【営業日】
※不定休

OPEN / 14:00
CLOSE / 18:00


13:00~14:00 
18:00~20:00
の時間帯はご希望ありましたら営業いたします。
メール、ツイッター等で事前にお気軽にメッセージ
ください。

※急なお休みをいただいたり、営業時間の変更等がよくあります。確実にご来店したいお客様はご連絡いただけるとありがたいです!よろしくお願い致します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR