【新入荷CD】KAZUMA KUBOTA

Kubota Kazuma (久保田一馬) 、この名前は覚えておいた方が良い。
年寄りが跳梁跋扈する日本のノイズを、この男はいずれ背負って立つことになるのだから。
理由?この作品を聴きなさい。それで分からないようなら、自分を諦めることだ。
-美川俊治(非常階段/INCAPACITANTS)-

噂はばっちり私の耳まで届いております。KAZUMA KUBOTAさんの作品2種入荷しました。

DIS CONNECTED
Kazuma Kubota [Dis-connected] -CD- ¥1700

Kazuma Kubotaの1stフルアルバムCD。
Cut up harshの世界的名匠Chris Goudreau(a.k.a. Sickness)直々のオファーを受け制作された本作、
2008年のマスターアップから5年かけとうとうリリースされました。
前身ユニットBloody Letterから本名へと名義変更した直後の時期に制作された事もあり、
まだハードでアグレッシヴな音像を色濃く残した仕上がりになっています。
当時の名作3"CDR"Distorted aki no sampomichi"を再録。全11トラック68分。

凄まじいスピードと緊張感、破壊力を持って切り込んでくるハーシュ・ノイズ。
ただの垂れ流しノイズとは根本的に違う。かっこいい音だ。
そこはかとなく静寂、哀切さを感じさせるアンビエント・サウンドも素晴らしい。

TWO OF A KIND
Kazuma Kubota [Two of a Kind] -CD- ¥1260

00年代以降の日本ノイズ急先鋒Kazuma Kubota。
日本より先に海外のノイズ・コミュニティにおいてその評価が堅実なものとなっている彼の、
満を持してリリースされる初の国内正規流通品。
メランコリックなアンビエントサウンドとフィールドレコーディング、
そして切り刻まれたハーシュノイズの高次元融合によって紡ぎ出された独自の繊細な世界観を
3つのトラックで表現した小品。ジャケットのアートワークには新進の美術家渡邊はるなを起用。限定300枚。
([...]dotsmark)


Kazuma Kubota ・・・
都内を中心に活動するハーシュノイズアーティスト。1980年生まれ。
2004年の冬より"BLOODY LETTER"名義で活動開始。2007年以降は本名のKazuma Kubota名義で活動。
ノイズ・実験系イベントへの出演はもちろんのこと、ハードコア・カオティック系のバンドとも共演する
機会を多数持つ。スピード感とブレイク感溢れるノイズと美麗なアンビエント・ドローンサウンド、
フィールドレコーディング等によって構築された繊細でドラマチックな作風はノイズファンのみならず
エレクトロニカ、シューゲイザー、ハードコア他あらゆるエモーショナルな音を求めるリスナーへの
訴求力を持ち、ノイズの新たな流れを示唆している。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

正午の庭

Author:正午の庭
秘密の小部屋「正午の庭」
〒393-0061長野県下諏訪町御田町3158カフェタック2F

不思議な音楽と雑多な本とおもしろグッズを中心に取り扱う
長野県の秘宝館的存在(を目指しています)。
各種自主制作物も委託販売しております。

≪正午の庭ネットショップ≫は
右リンクよりサイトにジャンプできます。
正午の庭ツイッター
twitter:@shogono_niwa
mixi、Facebookもやってます。
お問い合わせメールは
shogononiwa★gmail.com 
24時間以内に返信の無い場合
midsummer_stroll@yahoo.co.jp
まで(★は@に変えて送信して下さいませ)

【営業日】
※不定休

OPEN / 14:00
CLOSE / 18:00


13:00~14:00 
18:00~20:00
の時間帯はご希望ありましたら営業いたします。
メール、ツイッター等で事前にお気軽にメッセージ
ください。

※急なお休みをいただいたり、営業時間の変更等がよくあります。確実にご来店したいお客様はご連絡いただけるとありがたいです!よろしくお願い致します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR