2012年春の新入荷その2 mograg magazine

正午の庭は只今改装中です。ひとあし先に新入荷をご紹介いたします。
お問い合わせは左記アドレスまでお願いします。

2012年春の新入荷その2 mograg magazine(モグラグマガジン)

アートスペースmograg garageがお届けする、ビジュアル至上主義者たちのためのアート&カルチャーマガジン!
毎号「テーマ」を設け、そのテーマに基づいたアーティストの新作による誌上展覧会をメインコンテンツとし、その他、様々なライターやアート関係者によるコラム。マンガやアートレポなど盛りだくさんの内容でお届けする、
視覚的 感覚的エンターテイメントと思考的エンターテイメントの両軸から「アート」の感性が喜ぶ雑誌です。

mograg1.jpg mograg4.jpg
mograg magazine vol.01 「TREAT」
2009年7月
¥840
A5サイズ/フルカラー48ページ
【参加アーティスト】沖冲.、大庭佑子、金子絵美、ゴウダヨウスケ、ドラムの人、真柄奈津子、八百板チカ、CDR
【コラム執筆者】遠藤一郎(未来美術家)、三上善司(ZENSHI代表) 、三原宏元(Billiken gallery代表)、
Smelly(ダンサー、パフォーマー)、沖冲.、ドラムの人

mograg2.jpg mograg5.jpg
mograg magazine vol.02 「HORROR」
2010年11月
¥1260
B5サイズ / 128ページカラー+モノクロ
【Art of Horror】
土屋萌児/前川紘士/みなみりょうへい/山さきあさ彦/ヨシカワショウゴ/
カオス*ラウンジ(藤城嘘/梅沢和木/一輪社/智子/だつお)/小田島等/クレプトマニアック/
セキンタニ・ラ・ノリヒロ/岡野智史/沖冲.
出張TRASH UP!!
【Special Feature】「山口昌弘という男」特集:山口昌弘  お化け屋敷秘話&遊園地今昔@花やしき
【対談】田中六大×土屋萌児  みなみりょうへい×トンチ  山さきあさ彦×鈴木常吉
【評論】「ヨシカワショウゴを誤読する」井口啓子
【ロングインタビュー】「黒瀬陽平の蒔いた種」黒瀬陽平
【BUFFET Columun】BAIYON/梅ラボ/黄倉未来/中村 賢治/スメリー/ドキドキクラブ/
ドラムの人/石川翔平/JAQWA
【カルチャー】小林銅蟲/田中六大/星くずのキラメキ/藤原マヤ/堀道広
イラスト:坂本渉太、ゴウダヨウスケ  写真:齋藤裕也
mograg3.jpgmograg6.jpg
mograg magazine vol.03 「GIANT」
2011年11月
¥1260円
B5サイズ / 130ページカラー+モノクロ
【掲載アーティスト】
■Art of GIANT
NANOOK/吉原宏紀/福士千裕/坂本渉太/たかくらかずき/須永健太郎/ゴウダヨウスケ/巻田はるか/
植草航/SONTON/NAMIKI YUZURU/沖冲.
デスとろいオールもんすたーズ!?!?!?-怪獣ねんど大百科-
(maruosa/沖冲./ゴウダヨウスケ/ブロッパス/塙将良/セキンタニ・ラ・ノリヒロ/ドラムの人/
ガルペプシ/WORUZ/羽山銀河/ぺーどろりーの/ぴかちゅう/ケンジルビエン/ヨシカワショウゴ)
■Special Feature 「CROSS OVER」砂押貴久×須永健太郎
■特集:紙のポッドキャスト
「BUGtte MOTEL」KA4U/加美幸伸/羽山銀河 「ドゲラジオ」JaQwa/DJ WILDPARTY
■インタビュー
坂本渉太 in GALAXY GALLERY
「Live Paint Summit 2011」DOPPEL
「シャバいアート!」CBAF(あゆみ/まこぷり/yumeco/YON)
「コマジャンとはなにか?」ドキドキクラブ/小高大幸/沖冲.
■連載 「'10年代のハコ」第一回:荻窪ベルベットサン  屑山屑男のGrindhouse
■マンガ 大橋裕之/モウコハン
■BUFFET Column
ダブ丸/pha/藤城嘘/浮舌大輔/鶴田智子/齊藤祐平/香山哲/シモン・林川/DJぷりぷり
イラストレーション:土屋萌児
写真:斎藤裕也


東京・国分寺のガレージを改装したアートスペース「mograg garageモグラグガレージ」
代表の太田素子さんからメッセージをいただき、正午の庭でもこのモグラグマガジンを
お取り扱いさせていただくことになりました。

「魅力的な作品と感性豊かな鑑賞者がいれば、そこはアートスペースとなります。
既存の体裁の整ったスペースで展示・鑑賞することだけがアートとの出会いの場ではないはずです。
作品のある空間=アートスペースであり、
表現する人とそれを受け取る人が出会うことのできる場所になると考えています。
人が繋がり、新しい発見が生まれ、そしてそれらが持つ意味を丁寧に見つめることを大切にしています。」

そんな太田さんの言葉にも共鳴し、ちょうど正午の庭では今年から店内の空きスペースや壁などを活用して、
小さなギャラリーを始めようと思っていたところでした。

モグラグマガジンぜひ手にとってみて下さい!
読み応え抜群、未知の作家さんとの出会いはワクワクします。
個人的にグッときたのはvol.03「GIANT」企画の
「デスとろいオールもんすたーズ!?!?!?-怪獣ねんど大百科-」
様々なアーティストが「粘土をこねて怪獣を創る」のですが、なんだか幼少の頃の記憶が蘇りました、
またつくってみようかな、怪獣。解説もナイスです。







スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

正午の庭

Author:正午の庭
秘密の小部屋「正午の庭」
〒393-0061長野県下諏訪町御田町3158カフェタック2F

不思議な音楽と雑多な本とおもしろグッズを中心に取り扱う
長野県の秘宝館的存在(を目指しています)。
各種自主制作物も委託販売しております。

≪正午の庭ネットショップ≫は
右リンクよりサイトにジャンプできます。
正午の庭ツイッター
twitter:@shogono_niwa
mixi、Facebookもやってます。
お問い合わせメールは
shogononiwa★gmail.com 
24時間以内に返信の無い場合
midsummer_stroll@yahoo.co.jp
まで(★は@に変えて送信して下さいませ)

【営業日】
※不定休

OPEN / 14:00
CLOSE / 18:00


13:00~14:00 
18:00~20:00
の時間帯はご希望ありましたら営業いたします。
メール、ツイッター等で事前にお気軽にメッセージ
ください。

※急なお休みをいただいたり、営業時間の変更等がよくあります。確実にご来店したいお客様はご連絡いただけるとありがたいです!よろしくお願い致します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR