2012年春の新入荷その7 JON(犬)

正午の庭は只今改装中です。ひとあし先に新入荷をご紹介いたします。
お問い合わせは左記アドレスまでお願いします。

2012年春の新入荷その7 JON(犬)

足踏みオルガンを弾き語るJON(犬)遂に正午の庭に登場!
全身リアルなオオカミの着ぐるみ、無垢なうたごえ、奇妙かつノスタルジックな音楽は唯一無二。
タロット占い師としてもご活躍されており、正午の庭で占いイベント+ミニライブなどの企画を妄想中。

さてさて今回入荷したJON(犬)グッズを紹介します!

てぬぐい
JON(犬)特製てぬぐい
¥700
素敵すぎるデザイン。ダウナーな感じがたまりません。
これを巻いてお掃除するもよし勉強するもよし。プレゼントにも。学校で自慢しよう!笑

話があるなら酒
「話があるなら酒もってこい」/犬彦【CD】2011/05
¥1800
犬彦の2年ぶりのニューアルバム(2nd)。よりハードなジョン(犬)のオリジナル曲を
犬彦バージョンで演奏してますが、音がロウファイな仕上がりになっています。
<犬彦(ジョン犬+HIKO from GAUZE)>
歌うオルガン犬ジョン(犬)と、日本ハードコア界の大重鎮バンドGAUZEのドラマーHIKOが、まさかの合体!!

LIVE AT ENBAN
「LIVE at ENBAN 2007.1.28」/JON(犬)【CD-R】2007/05
¥1000
2007年のライブCD-R!

ウツノミア
「(    )」/ジョン&ウツノミア【CD】HOREN MIMI-004 1998/08
¥1500
1998年発売の録音のマッドサイエンティスト・ウツノミア博士による特殊録音!!
事情により、ジャケがカラーコピーになります。廉価版。

マリリン
「LOVERS」/マリリンとジョン(犬)【CD-R】2009/04
¥1000
有機生命体のマリリンとジョンによるラブソング集。
LovE 受精夢はジョンが歌詞に曲をつけるという作業を初めて行った記念楽曲です。
(普段は歌詞と曲を同時に作るか曲が最初で、歌詞に曲をつけるということをしたことがない‥)


スポンサーサイト

2012年春の新入荷その6 tamioo日記

正午の庭は只今改装中です。ひとあし先に新入荷をご紹介いたします。
お問い合わせは左記アドレスまでお願いします。

2012年春の新入荷その6 tamioo日記【自費出版本】

旅日記の概念を覆す、圧倒的な密度(要虫眼鏡)視覚、感覚に訴えかけてくる全編コラージュともとれる
ページ構成。大竹伸朗ファンにもぜひ手にとってほしい本です!

tamioo 12tamioo 12 2
Tamioo日記  Vol.1+2 インド+アジア編 Printed in China 2011年4月発売
全376ページ、ほぼフルカラー。文庫本サイズ。クラフト紙を使用。旅の日記手帳を原寸大で再現。
\1,650円 

「これ、最初は本にする気なんて無かったんです。」
バックパッカースタイルで海外旅行。旅の途中で毎日つけていた手帖。それを友達に見せたところ「本にしたら面白いんじゃないか」と言われ、まずはカッターとノリで手作りの本にしてみた。これがtamioo日記の誕生である。そして、それがなかなかに売れたので、上海で増刷をしてきた待望の一冊。インド編はTamioo初のバックパック旅行。文字はまだ大きく、読み手に優しい一冊。カオスインドの印象。今読み返すとかなり恥ずかしいぐらいに、初々しい。そして、アジア編ではチベットにはパーミットなしで潜入し、公安がいたら携帯をいじって中国人のふりをしたり、密告をさせないために袖の下を宿のオーナーに払うなど疲れる旅の日々。ラサのみならず中国人のふりをしてバスに乗り込みでチベットの西の果てカイラスやグゲ遺跡までも行ってしまう気合いの旅。

手作り初期バージョンでは、袋とじや折り込み地図など掲載。ほぼフルカラー。旅日記をスキャンして、プリントアウトして、全て手切り、そして、のりで製本。この単純作業。半年間こればっかり作ってました。お陰で、紙を切る行為で悟りを開きかけました。

オリジナルとほぼ同サイズ。

※文字が極小なので虫眼鏡のご使用をおすすめします。上海で印刷してきたため、ページの一部に印刷ズレのため、読みにくいページがあります。あらかじめご了承下さい。

tamioo 3tamioo 3 2
Tamioo日記  Vol.3 東欧+中南米編 Printed in China 2009年1月初版発行 2011年4月第2版増刷
全286ページ、ほぼフルカラー。文庫本サイズ。クラフト紙を使用。旅の日記手帳を原寸大で再現。2011年、第2版を上海にて再印刷。
\1,350円

「お金がなくても旅はできる」
読み手を選ぶ狂気の旅日記本の第三弾。今回は東欧と中南米、16カ国、合計8ヶ月の旅日記。絵と文章と写真で綴る毎日の記録。東欧社会主義国ウクライナでは美しい街並とは反対にとんでもない態度の国民とバトル。南米ペルーではシャーマンと共にトリップでまだ見ぬ世界を堪能。南米で一番高い山のアコンカグア(6962m)にもアタックしてしまう狂気な旅。ノートパソコン持って、旅先でも仕事してました。
そして・・・Tamioo日記上海印刷編vol.4へと物語はつづく。
旅の面白さ、素晴らしさが伝わるといいです。これを読んで旅に行った気分に・・・いや、旅に出ましょう!

オリジナルとほぼ同サイズ

※文字が極小なので虫眼鏡のご使用をおすすめします。上海での印刷のため、ページの一部が印刷ズレをおこし、読みにくくなっている場合があります。あらかじめご了承下さい。

tamioo4.jpgtamioo4 2
Tamioo日記  Vol.4 上海+エベレストトレッキング+インド編 Printed in China 2011年4月発売
全274ページ、ほぼフルカラー。文庫本サイズ。クラフト紙を使用。写真と旅の日記手帳を原寸大で再現。
\1,300円

「読んだらトリコになりました。」
旅の手帖を原寸大で完全収録した驚愕の絵日記、待望の第4弾!自前のプリンタ、自前のカッター、自前の糊。Vol.1 インド編、Vol.2 アジア編とまさかの手作業で作者タミオー自ら製本までも手がけた狂気の日々と決別し、いかにして単身上海に渡り印刷するに至ったのか?!異国での自分出版をやり遂げた「タミオー日記」産業革命の記録がここに!
後半では、アメリカ人の彼女と共にインド周辺ではカウチサーフィン。ネパールのルクラ(高度2900m)からエベレストベースキャンプ(高度5364m)までトレッキング。高山病で機嫌が悪くなる彼女とケンカしつつも、最後にはエベレストの美しさを堪能。6年に1度行われるインドのサドゥー達のお祭り、クンブメーラを体験する旅なども収録。

オリジナルとほぼ同サイズ

※文字が極小なので虫眼鏡のご使用をおすすめします。表紙が折れ曲がりやすいので、取り扱いにご注意下さい。上海で印刷してきたため、ページの一部に印刷ズレのため、読みにくいページがあります。あらかじめご了承下さい。


●この本、上海で自分印刷してきました。
2010年10月に日本を出発、前回は上海でtamioo日記を印刷したので、今回はベトナムへ。色々な在住の日本の方々に助けられましたが、紙質、印刷の質、印刷許可証などの問題により、1ヶ月半がんばりましたが断念。前回に印刷した上海に移動、苦難を乗り越えること3ヶ月弱。合計約4ヶ月半の自分出版の旅。色々な方々に支えられて、ようやく印刷完了、そして日本へ!
詳しくはブログやツイッターをどうぞ。
http://www.tamioonews.com/news/?cat=12
http://twitter.com/tamioonews
「3冊とも原寸大!!! 3冊とも上海で自分で印刷してきました!!!」
アジア、東欧、中南米・・・。世界をまわった旅の手帖を原寸大で完全収録!文字とイラストで緻密に埋め尽くされた驚愕の絵日記!読めないかもしれないけど「なんかスゴい!」と思わずにはいられない一冊です!

2012年春の新入荷その5 宙空一派 【CD-R】

正午の庭は只今改装中です。ひとあし先に新入荷をご紹介いたします。
お問い合わせは左記アドレスまでお願いします。

2012年春の新入荷その5 宙空一派 【CD-R】

美人画家市場大介先生の胃画廊で、広島を拠点として活動しているという謎の音楽家、宙空一派さんの存在を知り、
自主制作「さよならヴェルベッツ」【CD-R】にいたく感激し、コンタクトをとらせていただきました。

宙空一派さんの音楽は即興性、音と音のズレや崩し方など絶妙なバランスで成り立っており、毒がありながらも親しみやすさが湧きレジデンツやLAFMSをも想わせます。
打ち込みによるうたものアルバムは草臥れたヴォーカルが何とも言えず良い味を出しており(褒め言葉です!)ランダムなバックの演奏と相俟って中毒性がとても高いです。脳みそがバターのようだわ。
ヒロシNar、角谷美知夫やカバーもしているゆらゆら帝国や裸のラリーズ、そしてVelvet Underground好きな方にもおすすめです!

黒い独白

【CD-R】黒い独白/宙空一派 2009年/400円
活動初期音源です。

螳咏ゥコ荳?豢セ+006_convert_20120223210627

【CD-R】呪い/宙空一派 2011年/400円
宅録うたものアルバム。メイヨ・トンプソンにも通じる(?)ひねくれポップです!

さよなら

【CD-R】さよならヴェルベッツ/宙空一派 2011年/400円
Velvet Undergroundのカバー曲集。

螳咏ゥコ荳?豢セ+009_convert_20120223210926

【CD-R】やあ裸のラリーズ/宙空一派 2011年/500円
裸のラリーズのカバー曲集。


ヴェルベッツの骨、という感じがします。

 

2012年春の新入荷その4【ZINE】Jxxxxxx

正午の庭は只今改装中です。ひとあし先に新入荷をご紹介いたします。
お問い合わせは左記アドレスまでお願いします。

2012年春の新入荷その4 Jxxxxxx(ジェイバツ)001創刊号 Japan Girls Graphic Zine
Jxxxxxx.jpg
[2011年11月/A5/18頁/¥500]
特集=超ユニ女主義/サポーターはどこまでカワイくなれるのか/発行Jxxxxxx制作委員会

これはただのサッカーのファンジンではありません。
Jリーグスタジアム観戦に来ている女の子たちがかわいいという特集や珍道中、選手に出したファンレターに果たして返事は来るのか!?といった実験など女性目線で綴られており、サッカー好きな人もそうでない人も楽しめる作りになっております。

個人でZINE制作をしている久米さんからご連絡いただき置かせていただく事になりました。
Jxxxxxxは正午の庭とも縁のある長野ch.booksさんのZINE展にも参加しているみたいですよ!


2012年春の新入荷その3 猫猫商会

正午の庭は只今改装中です。ひとあし先に新入荷をご紹介いたします。
お問い合わせは左記アドレスまでお願いします。

2012年春の新入荷その3 猫猫商会

アメリコさんのライブがご縁で、レーベル猫猫商会やkito-mizukumi rouber,長谷川静男,le son de l'os
,滲有無,水晶の舟,GRIM...と多岐にわたりご活躍している内田静男さんと知り合うことができ、当初4月7日正午の庭企画の水晶の舟の諏訪でのライブにも参加予定でしたが残念ながらそれは叶わず…
しかしながら素晴らしい作品の数々を正午の庭にも置かせていただく事になりました!

まずは日本のアンダーグラウンド、パンク/ハードコアパンク・シーンに名を残し、現在も進化し続けるバンド「あぶらだこ」の長谷川裕倫氏と大國正人氏、内田静男氏からなる「kito-mizukumi rouber」

Kito Mizukumi Rouber「boseki ni tatazumu KMR」
format : CD / PaPa records / PAREC-801 /紙ジャケ仕様
¥2000
kito.jpg
記念すべき1st。すでに廃盤扱い、レーベル側の僅かな在庫から特別に置かせてもらっています。欲しい方はお早めに。
異常なテンション、奇妙でねじれたアシッド・ガレージ演歌、スカム・ジャンク好きには直球どストライク。
気狂いじみた音質も最高。
かつてESPレーベルからリリースされていたような雑多なサイケデリック感覚溢れる音楽がここにも息づいている。

Kito Mizukumi Rouber「UKK kara Tape o hiku KMR」
format : CD / PaPa records / PAREC-802 / 紙ジャケ仕様
¥2200
kito2.jpg
即売り切れとなった海外リリースのカセット作品[UKK kara Tape o hiku KMR]が新たな楽曲編成にてCD化!!
ぶっ壊れの3rd!!アウトサイダー音楽を愛する全ての方に大推薦!!

続きまして長谷川裕倫氏、内田静男氏の和的即興デュオ「長谷川静男」

長谷川静男「I Know a chord buried into the ground and a tongue on a cloud」
format : CD / haang niap records / HAANG-001 / 帯付きダブルジャケ仕様
¥2500
長谷川静男
2008年発表作3rd。長谷川氏の篳篥(ひちきり-雅楽の管楽器)、内田氏のベースで制作されたオーバーダブ
一切無しのインプロヴィゼーション録音。豊潤な音楽的土壌を感じさせる好作品。間に和を感じさせるのもさすが。

そして最後に、これは私が正午の庭を始めてから絶対にお店に置きたいと思っていた作品のひとつ、
桑原智禎 (Vasilisk) のWhite Hospitalを前身とした、小長谷淳によるソロ・プロジェクトGRIM。
80年代日本地下音楽の最重要バンドの貴重な音源集です。

GRIM「FOLK SONGS FOR AN OBSCURE RACE」
format : CD / haang niap records / HAANG-002 / 帯付きダブルジャケ仕様
¥2500
GRIM.jpg
日本のノイズ、インダストリアル、アヴァンギャルド、パワーエレクトロニクス、フリーフォーク等々様々な音楽表現の先祖として避けては通れない伝説のユニットGRIM。85年発表のデビュー作から88年発表のスプリット・テープまでの合わせての全21曲の音源が、メンバーのゴミカワさんのリマスター協力のもと、過去のアートワークも収録してCD化されました。
サイケ/アシッド・フォークファンの方達や、ジャンル問わず心を突き動かすものに飢えている人達にもぜひ聴いていただきたいです。

-帯より------------------------------------------------------------------------------------------------
1980年代、わずか数年の活動で、数少ない音源と数回のライブ記録のみを残し、忽然とその姿を消した異形のユニットGRIM、日本だけでなく海外にも今だ多くのファンを持つその音は、ノイズ/JUNK インダストリアルミュージックの手法を軸に持ちながらも、民族音楽やフォルクローレ、そしてシャーマニックな感性を滲み出させた唯一無二の音。
本盤では、フィードバックやノイズに包まれたアジテーションヴォイスが吼える「AMATERASU」「FOLK MUSIC」、
融け出すような美麗のトラッドフォークが浮遊する「MESSAGE」。
そしてカセットリリースのコンピレーション音源など、GRIMのすべてのリリース音源をリマスタリングし収録。
時代を超えて息づくGRIMのすべてがここに。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------











【速報】4月7日、正午の庭企画やります!

ちょっと早い告知になってしまいますが、4月7日に正午の庭リニューアルオープン記念ライブを
やります!

いつか水晶の舟とライブできたらなぁ、とずっと思っていたわけですがこんな形で実現するとは。
今回は正午の庭グループならぬ正午の庭オーケストラとして大所帯バンドでの演奏になります。
ライブペインティングとボディペインティングを同時進行で行います。
気になる演奏陣もまた後日発表いたします。意外な顔ぶれだと思います。

東京からはサイケデリックロックバンド「水晶の舟」の他に前回正午の庭初企画の際
上諏訪を異空間に飛ばしたヘヴィサイケの雄「Aural Fit」
迎え撃つはよくわからない集まりの「正午の庭オーケストラ」にダウナーに空気を澱ませる「罠」
そしてAural Fitの南部氏を加えた謎のフレンチ・ジャーマン・サイケバンド(なんじゃそりゃ)「Modern Bird」
さらに、韓国旅行でゲットした音源を中心におみやげ話も飛び出すか!?韓国サイケDJゆらの助

またライブ情報随時更新していきます。サブタイトルの秘密もお楽しみに。
ぜひ遊びに来てください!予約も待ってます!

正午の庭リニューアルオープン記念ライブ -創造する牛、女神と-

≪開催日時≫
2012年4月7日(土曜日)
OPEN 18:00 START 18:30
≪場所≫
上諏訪ドアーズ
≪チケット代≫
¥2000 (高校生以下半額の¥1000)
≪出演者≫
水晶の舟
Aural Fit
正午の庭オーケストラ
Modern Bird

≪DJ≫
韓国サイケDJゆらの助


*真面目に改装している事をアピールする写真(靴下散らばりすぎ)
繧上◆縺・_convert_20120210223436


2012年春の新入荷その2 mograg magazine

正午の庭は只今改装中です。ひとあし先に新入荷をご紹介いたします。
お問い合わせは左記アドレスまでお願いします。

2012年春の新入荷その2 mograg magazine(モグラグマガジン)

アートスペースmograg garageがお届けする、ビジュアル至上主義者たちのためのアート&カルチャーマガジン!
毎号「テーマ」を設け、そのテーマに基づいたアーティストの新作による誌上展覧会をメインコンテンツとし、その他、様々なライターやアート関係者によるコラム。マンガやアートレポなど盛りだくさんの内容でお届けする、
視覚的 感覚的エンターテイメントと思考的エンターテイメントの両軸から「アート」の感性が喜ぶ雑誌です。

mograg1.jpg mograg4.jpg
mograg magazine vol.01 「TREAT」
2009年7月
¥840
A5サイズ/フルカラー48ページ
【参加アーティスト】沖冲.、大庭佑子、金子絵美、ゴウダヨウスケ、ドラムの人、真柄奈津子、八百板チカ、CDR
【コラム執筆者】遠藤一郎(未来美術家)、三上善司(ZENSHI代表) 、三原宏元(Billiken gallery代表)、
Smelly(ダンサー、パフォーマー)、沖冲.、ドラムの人

mograg2.jpg mograg5.jpg
mograg magazine vol.02 「HORROR」
2010年11月
¥1260
B5サイズ / 128ページカラー+モノクロ
【Art of Horror】
土屋萌児/前川紘士/みなみりょうへい/山さきあさ彦/ヨシカワショウゴ/
カオス*ラウンジ(藤城嘘/梅沢和木/一輪社/智子/だつお)/小田島等/クレプトマニアック/
セキンタニ・ラ・ノリヒロ/岡野智史/沖冲.
出張TRASH UP!!
【Special Feature】「山口昌弘という男」特集:山口昌弘  お化け屋敷秘話&遊園地今昔@花やしき
【対談】田中六大×土屋萌児  みなみりょうへい×トンチ  山さきあさ彦×鈴木常吉
【評論】「ヨシカワショウゴを誤読する」井口啓子
【ロングインタビュー】「黒瀬陽平の蒔いた種」黒瀬陽平
【BUFFET Columun】BAIYON/梅ラボ/黄倉未来/中村 賢治/スメリー/ドキドキクラブ/
ドラムの人/石川翔平/JAQWA
【カルチャー】小林銅蟲/田中六大/星くずのキラメキ/藤原マヤ/堀道広
イラスト:坂本渉太、ゴウダヨウスケ  写真:齋藤裕也
mograg3.jpgmograg6.jpg
mograg magazine vol.03 「GIANT」
2011年11月
¥1260円
B5サイズ / 130ページカラー+モノクロ
【掲載アーティスト】
■Art of GIANT
NANOOK/吉原宏紀/福士千裕/坂本渉太/たかくらかずき/須永健太郎/ゴウダヨウスケ/巻田はるか/
植草航/SONTON/NAMIKI YUZURU/沖冲.
デスとろいオールもんすたーズ!?!?!?-怪獣ねんど大百科-
(maruosa/沖冲./ゴウダヨウスケ/ブロッパス/塙将良/セキンタニ・ラ・ノリヒロ/ドラムの人/
ガルペプシ/WORUZ/羽山銀河/ぺーどろりーの/ぴかちゅう/ケンジルビエン/ヨシカワショウゴ)
■Special Feature 「CROSS OVER」砂押貴久×須永健太郎
■特集:紙のポッドキャスト
「BUGtte MOTEL」KA4U/加美幸伸/羽山銀河 「ドゲラジオ」JaQwa/DJ WILDPARTY
■インタビュー
坂本渉太 in GALAXY GALLERY
「Live Paint Summit 2011」DOPPEL
「シャバいアート!」CBAF(あゆみ/まこぷり/yumeco/YON)
「コマジャンとはなにか?」ドキドキクラブ/小高大幸/沖冲.
■連載 「'10年代のハコ」第一回:荻窪ベルベットサン  屑山屑男のGrindhouse
■マンガ 大橋裕之/モウコハン
■BUFFET Column
ダブ丸/pha/藤城嘘/浮舌大輔/鶴田智子/齊藤祐平/香山哲/シモン・林川/DJぷりぷり
イラストレーション:土屋萌児
写真:斎藤裕也


東京・国分寺のガレージを改装したアートスペース「mograg garageモグラグガレージ」
代表の太田素子さんからメッセージをいただき、正午の庭でもこのモグラグマガジンを
お取り扱いさせていただくことになりました。

「魅力的な作品と感性豊かな鑑賞者がいれば、そこはアートスペースとなります。
既存の体裁の整ったスペースで展示・鑑賞することだけがアートとの出会いの場ではないはずです。
作品のある空間=アートスペースであり、
表現する人とそれを受け取る人が出会うことのできる場所になると考えています。
人が繋がり、新しい発見が生まれ、そしてそれらが持つ意味を丁寧に見つめることを大切にしています。」

そんな太田さんの言葉にも共鳴し、ちょうど正午の庭では今年から店内の空きスペースや壁などを活用して、
小さなギャラリーを始めようと思っていたところでした。

モグラグマガジンぜひ手にとってみて下さい!
読み応え抜群、未知の作家さんとの出会いはワクワクします。
個人的にグッときたのはvol.03「GIANT」企画の
「デスとろいオールもんすたーズ!?!?!?-怪獣ねんど大百科-」
様々なアーティストが「粘土をこねて怪獣を創る」のですが、なんだか幼少の頃の記憶が蘇りました、
またつくってみようかな、怪獣。解説もナイスです。







2012春の新入荷その1 cottonioo/YMKXYKM=IOO

正午の庭は只今改装中です。ひとあし先に新入荷をご紹介いたします。
お問い合わせは左記アドレスまでお願いします。

cottonioo2.jpg

2012年春の新入荷その1
cottonioo / YMKXYKM=IOO (1stCD-R) ¥300

キュートな女性2人組によるニューウェイブパンクエレクトロノイズデュオ。
「円盤で売れ続けているもの 円盤で売り続けたいもの 50タイトル」に選ばれた1枚。

かわいい手作り感溢れるジャケットも魅力で、円盤でもすぐに売り切れてしまうそうです。
なかなか入手しづらい(私もいつも買えず…)作品を無理言ってうちにもお取り扱いさせていただける事になりました!
cottoniooのお二人に感謝です。

メロンソーダの中をユラユラ漂っていたらへんてこりんな深海魚に飲み込まれてしまったかのような衝撃!
リズムボックスの音が心地よく、エフェクトもとても凝っています。かわいいだけじゃありません、とても尖がっています。
これはテクノポップファンは勿論のこと幅広いリスナーにおすすめ。中毒性高いです。

新作もレコーディング中との事で非常に楽しみです。ゆくゆくは正午の庭でライブも…予定しています!



プロフィール

正午の庭

Author:正午の庭
秘密の小部屋「正午の庭」
〒393-0061長野県下諏訪町御田町3158カフェタック2F

不思議な音楽と雑多な本とおもしろグッズを中心に取り扱う
長野県の秘宝館的存在(を目指しています)。
各種自主制作物も委託販売しております。

≪正午の庭ネットショップ≫は
右リンクよりサイトにジャンプできます。
正午の庭ツイッター
twitter:@shogono_niwa
mixi、Facebookもやってます。
お問い合わせメールは
shogononiwa★gmail.com 
24時間以内に返信の無い場合
midsummer_stroll@yahoo.co.jp
まで(★は@に変えて送信して下さいませ)

【営業日】
※不定休

OPEN / 14:00
CLOSE / 18:00


13:00~14:00 
18:00~20:00
の時間帯はご希望ありましたら営業いたします。
メール、ツイッター等で事前にお気軽にメッセージ
ください。

※急なお休みをいただいたり、営業時間の変更等がよくあります。確実にご来店したいお客様はご連絡いただけるとありがたいです!よろしくお願い致します!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR